トリペと妊婦、はじめました/コンドウ アキ

妊娠・出産

コンドウ アキさんの「トリペと妊婦、はじめました」を読みました。

概要は?

トリペと―妊婦、はじめました 単行本
コンドウ アキ (著)
単行本: 194ページ
出版社: 主婦と生活社 (2009/3/13)
言語: 日本語
発売日: 2009/3/13
本のサイズ: 21 x 15 x 2 cm

目次は?

第1章 妊娠!出会いは突然、舞い降りる(妊娠2ヶ月!つわりとの戦い、妊娠3ヶ月!泣きっ面にハチの強制入院 ほか)

第2章 出産!―未知なる体験に挑む(臨月突入!いつ生まれてもおかしくない、陣痛1日目!これはまだまだ序の口だった ほか)

第3章 産後!―お母ちゃん、はじめました(大忙し!はじめての母親業始まる、一心同体!トリペとの毎日 ほか)
おまけ!どうする妊婦の体重管理

学んだこと

妊娠・出産がおもしろく書かれている本。

妊娠・出産をキレイごとにしないで、現実的にそしてそれでもユーモアたっぷりに書かれている本でした。

読んでいてとてもほっこりして、妊娠・出産を乗り越えていけそうな気持ちになりました。

座談会

これは育児本ですね^^
妊娠から出産、そして育児・・面白可笑しく?書かれていますが、読んでいる方にも勇気をくれ、力を与えてくれます。妊娠にありがちな事、どうやって乗り切ったか。実際に「ああ・・こんな時トリペとでは、こうやってたな・・」なんて思いだしながら、頑張っていこうと思わせてくれました。下手な妊娠本、育児本を読むくらいなら、これを読んだ方が良いかも?!

私の妊娠中の支えでした!
妊娠が判明してからこちらの本が好評価だったので購入してみたところ、妊娠中のあるあるが多くて大変共感が持てました。週数によってその都度読み返しながらこれからこういう事が起こるのか~と想像したり、笑いもあったり時にはご家族とのちょっと泣けるストーリーもあったりして何度も読み返してはホッコリしてました。出産予定日まであと数日なのですが、この本と共にこの10ヶ月間乗り越えてきたと言っても過言ではないくらいです。現在妊娠中の友人にもお勧めしたいなと思える1冊です。現在妊娠中の方、特に初めての妊娠の方には是非読んでもらいたいなぁと思います☆

バイブルになりました
単純におもしろかった♪漫画感覚で読みやすいし、何もわからない状態で読んだので、参考になりました。話には聞いていても具体的なイメージができなかった私は、出産の不安も少し軽くなりました。特に出産時のくだりが、一番参考になり、これのお陰か、パニックにならずに済みました。

まとめ

5.0
妊娠・出産を現実的な方法で乗り越えた著者の体験談が書かれていて、不安がなくなっていきました。

ぜひ、たくさんの人に読んでもらいたい本です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

↓クリックして頂くと、光のエネルギーを受け取ることができます。ありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました