「明日の服」に迷うあなたへ/大草直子

タレント本

大草直子さんの「「明日の服」に迷うあなたへ」を読みました。オススメできません。虚栄心でいっぱいの大草直子さん。本当に残念です。

概要は?

「明日の服」に迷うあなたへ
大草 直子 (著)
単行本(ソフトカバー): 148ページ
出版社: 産業編集センター (2014/10/1)
言語: 日本語
発売日: 2014/10/1
梱包サイズ: 23.8 x 16.8 x 1.8 cm

目次は?

Chapter1 about Balance 整ったバランスの作り方
1.Tops&Bottoms / 2.Silhouette / 3.Kind of shoes / 4.Concept of beauty
Q&A1.「大草さん! ファッション全体について教えてください! 」

Chapter2 about Color 自分という色を美しく–
1.Basic color / 2.What’s white? / 3.Skin color
Q&A2.「大草さん! 色について教えてください! 」

Chapter3 about Sense センスとは何かを考える
1.Standard / 2.Trench coat / 3.Down coat / 4.Fashion of mom
Q&A3.「大草さん! “おしゃれ”について教えてください! 」

Chapter4 about Detail 全身はディティールの積み重ね
1.Leg wear / 2.Foundation of styling / 3.Inner
Column1.ストッキング“Yes”or“No”
Column2.実用か、スタイルか?
Column3.気にするけれど、「気にしすぎない」ということ。

Q&A4.「大草さん! 靴やバッグについて教えてください! 」

Chapter5 about Wardrobe ワードローブの整え方
1.Tops / 2.Bottoms / 3.An ideal wardrobe / 4.Accessories / 5.Purfume / 6.Bag
Column4.ミニスカート問題。
Column5.買い物をするというおしゃれ。
Column6.装い、迷い、そして答えを見つける–ということ。
Q&A5.「大草さん! “買い物”について教えてください! 」

学んだこと

この本を買ってしまって本当に後悔しています。

輝くママって?

おしゃれ本なのに、だんだん家族のページが増えていたけれど、今回はそれがない!と喜んだのもつかの間、「長女は(中略)土台に幼児期の記憶があるからか、個性を逸脱したエキセントリックな装いにはならないようです」とさりげなーく我が子自慢。

ひいては、「ベーシックな色の服を着せた私のおかげよ」という自画自賛につながっちゃうのが残念。

その後、「メディアに標榜された”輝くママ””はごく一部のイメージであり、それによって自分を責めたり、無茶させたりしなくていいと思っています」という一文が。 

スタイリストという職業柄、大草さんがおしゃれな自分を演出することは当然。

でも、家族を露出したせいで、「おしゃれな家族でなければならない」とがんじがらめになって、「輝くママ」としてメディアに踊らされているのは、他ならぬ、ご本人ではないでしょうか?

座談会

大草さんのファンです。
が、今回の著書は期待ハズレでした。

理由としては
大草さんご本人がモデルとして登場されていないこと。大草さん本人の写真とコメント・解釈・セオリーが拝見できる本!!そう期待しているファンの一人としては大変残念な一冊でした。

素敵過ぎてあまり身近に感じない外国人モデルという被写体に興味が持てず・・・だからなのか?着用されている洋服も心に響きませんでした。故に文章を読む気になれず、あっという間に最終ページに到着。

とにかく、期待して買わずに立読みしてからの購入をオススメしたい一冊です。んん~残念!!

早々に届き、ちょいと大き目のサイズと表紙に感激していたのも束の間、なんて浅い内容。途中のあのイラストは何じゃ。せめて写真で載せて欲しかった。しかも外国人モデルさんで、私は明日の服に困りますがな。大草さんが着てる服が見たかった。はーっ、もう大草さんの本は買わないです。ごめんなさい。

大草さんのスタイリングが好きで今回も期待していました。知りたかった内容が書かれていてよかったと思う反面、全て高価なものでのスタイリングな感じがし、庶民感覚ではない気がして残念でした。ファッションはランウェイではなく街にある…という言葉を以前、大草さんの本で見ましたが、とてもそんな感覚にはなりませんでした。また、イラストでのスタイリングも残念…。参考にし辛いスタイリングに変わってしまった気がします。

まとめ

1.0

読んでいて見ていて、なんだかモヤモヤする本でした。

もう二度とファッション関係の本は買いません。

最後までご覧いただきありがとうございました。

↓クリックして頂くと、光のエネルギーを受け取ることができます。ありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました