「からだ」の声を聞きなさいQ&A /リズ ブルボー

リズ・ブルボー

はじめてリズ・ブルボーの本を読みました。今までの自分が思っていたことを言葉で表現してくれていて、グイグイ読む事ができました。☆5つです。

概要は?

リズ・ブルボー (著)
浅岡 夢二 (翻訳)
単行本(ソフトカバー): 352ページ
出版社: ハート出版; 増補改訂版 (2013/3/28)
言語: 日本語
発売日: 2013/3/28
商品サイズ: 18.8 x 13 x 2.4 cm

目次は?

はじめに──本当の自分に出会うために

改訂版に寄せて

第一部 人生の大切な法則
1章 あなたがこの世で生きる目的
2章 潜在意識と超意識を信頼する
3章 人生における唯一の責任
4章 ハートで愛するということ
5章 原因と結果の法則
6章 恨みと憎しみからの解放
7章 自分の未来を信じる力
8章 チャクラとエネルギー

第二部 〈精神体〉の声を聞く
9章 エゴと傲慢さに向き合う
10章 善悪の価値観にこだわりすぎない
11章 自分の人生は自分で選ぶ
12章 あなたの〈精神〉が必要としているもの

第三部 〈感情体〉の声を聞く
13章 恐れや罪悪感に支配されないために
14章 感情を正しく表現する方法
15章 あなたの〈感情〉が必要としているもの

第四部 〈物質体〉の声を聞く
16章 食べることの本当の意味
17章 あなたにとって理想的な体重
18章 セクシャリティをめぐる問題
19章 病気と不調が伝えるメッセージ
20章 あなたの〈肉体〉が必要としているもの

第五部 スピリチュアルに生きる
21章 最も美しいスピリチュアリティの定義
22章 すべてを受け入れる〈6つの方法〉

おわりに──より深く愛を学ぶための機会

学んだこと

この本は読者の質問に対してリズが回答してくれるという形式で進んでいきます。

自分がこのことは、どんな風に捉えたらいいの?と思っていたことを回答してくれているので、とてもスッキリしていきます。

私にとっては、「ゆるす」という感覚が難しく、どーゆう感覚なんだろう?と疑問に思っていましたが、この本を読んで少しずつ理解できるようになりました。そして、この本は何回も読むと理解が深まります。

翻訳もとてもよかったです。ぜひ、多くの人に読んでもらいたい本です。

座談会

読むだけで癒しが始まります
リズブルボーの本はスピリチュアル版・家庭の医学「自分を愛して!」から購入しましたが、リズブルボーのメソッドはこの本にほとんど集約されている印象があります。 「生きる目的は自分自身を成長させるため」 「愛を学ぶために今いる家族とともに生きている」 「からだは何でも知っている」 「自分の人生の責任は完全に自分にある」 などなど…目から鱗の考え方で溢れ、言葉のひとつひとつが美しく、読むだけでからだとこころが浄化されます。 少しずつ可能な限りを実践に移し、うまくいかなかったり、自分を責めてしまいがちなときはいつも読み返します。 実践には、レベルが高いと思われるものが少なくありません。 でも、私はリズの本によって、ひとつひとつの自分の行いを意識的にできるようになり、「自分が自分の人生を創っている」という責任を学び 愛の道を生きていこうと心に決めました。 未来に対してどんな問題も解決できる勇気とエネルギーをもらえました。感謝しています。

本に書かれてることが実行できなくても大丈夫
たしかに素晴らしいことがたくさん、しかもわかりやすく書かれています。実行したら素晴らしいものばかり。でも、実行するのが辛いと感じる人はやらなくていいと思う。この本に書かれていることがたとえ実行できなくても、幸せになる道は皆に等しくある。

「からだ」からのメッセージ
「からだの不調は、すべて、あなたの考え、あるいは行動があなたのためになっていない、ということを教えようとしています。」「すべては、結局、愛があるかどうかということに行き着くのです。愛のこもった行為はすべてを良い方向に変化させ、必ず問題を解決します。」と、教えてもらいました。彼女の言葉はとても理論的で、素直に理解することができました。また、目の前にいる人を愛するのはもちろんだけど、もっと自分を愛さなければ、とも思いました。

まとめ

5.0
はじめてリズの本を読んだ感想は、「すごくよかった!」です。
一番最初に読んだ本がQ&Aだったので、「からだの声をききなさい」も読みたいと思いました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

↓クリックして頂くと、光のエネルギーを受け取ることができます。ありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました