ザ・シークレット/ロンダ・バーン

批評

ロンダ・バーンさんの「ザ・シークレット」を読みました。

概要は?

ザ・シークレット ハードカバー
ロンダ・バーン (著), 山川 紘矢 (翻訳), 山川 亜希子 (翻訳), 佐野 美代子 (翻訳)
ハードカバー: 318ページ
出版社: 角川書店; 2008年5月20日 15版発行版 (2007/10/30)
言語: 日本語
発売日: 2007/10/29
本のサイズ: 18 x 2.6 x 13.6 cm

目次は?

明かされた秘密
わかりやすい秘密
「秘密」の使い方
強力なプロセス
お金の秘密
人間関係の秘密
健康の秘密
この世界の秘密
あなたの秘密
人生の秘密

学んだこと

とても話題になっていて、よかったという人が多かったので、買って読んでみましたが、私には合っていませんでした。

同じことを繰り返し書いてあり、文章の構成としてもイマイチでしたし、まとまりもなく結論もなく、何が言いたいのかもわかりませんでした。

いわゆる「根性論」を言っているだけ?

よくある抽象的な話をしているだけで、具体的にどうしたらいいとかはなかったので、がっかりでした。

座談会

買わなくても
買わなくても図書館にあった。買うほどでもないかな(繰り返し読みたいとは思わない)ありがとうございました。

もう少し。。。
自分の望むもの。状況が安易に手に入るような感がちょっと納得できない部分がありました。夢や希望を実現するための精神のもって生き方も含めて書いて欲しかったと思いました。

繰り返し
レビューを見て購入しました。確かに外国人的発想で日本人の感覚と若干異なりますが、良い事を唱えているのは確かです。教えが、やや宗教よりだと思いました。結論「信じているものは救われる」を言いたいのでしょう。ただ、この人はああした、こうした。こう考えた。のパターンが人が変わるだけで内容は一緒です。その繰り返しパターンが永遠掲載れているというイメージ。読み直しはしないと思います。

これだけでは・・・
これだけを読むと何が何かさっぱりわからない状態に陥るように思います。これまでに「成功哲学」や「思考は現実化する」「引き寄せの法則」などを読破された方にはわかりやすいかと思いますが話題になっているからといきなりこれだけを読んでも難しいというかわけがわからないでしょう。ほとんどが、著名人の経験談になっていて、そこに補足説明的な文章が少々のっているだけなので、「これが引き寄せの法則」「思考は現実化するのだ」といきなり言われてもピンとこないでしょう。あまりおすすめでないのが、本音です。

まとめ

0.0
とても話題の本だったので、期待していましたが、私には合っていませんでした。

あなたのお役に立てれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

↓クリックして頂くと、光のエネルギーを受け取ることができます。ありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました